トップページ > ペルソナ手法・ペルソナマーケティングとは

ペルソナマーケティング・ペルソナ手法とは

顧客視点を活かせるペルソナマーケティング・ペルソナ手法

ヒット商品作りや顧客満足度の高いサービス作りに非常に効果的な手法として、当社でも実績の多いペルソナ手法・ペルソナマーケティングについてご紹介します。
ペルソナ手法を活用したディスカッション(プロジェクトミーティング・経営会議)

ペルソナマーケティング・ペルソナ手法とは

ペルソナマーケティング・ペルソナ手法で使うペルソナのイメージ(成功事例も多数あり)
 ペルソナ手法は、ペルソナという仮想ユーザーを作成し、目的となる商品、サービス、ホームページを仮想ユーザーに合わせてシナリオを作成し、検討する人間中心設計技法です。 数々のヒット商品開発にも利用され、ペルソナマーケティングとしても活用されています。 チームワークで成功を作り出す手法として、注目を集めている新しい手法です。
 アイ・エス・ティではペルソナ手法をさらに使いやすく、わかりやすい手法として、ペルソナ手法初心者の方でも成果を引き出せる方法として数多くのお客様に利用いただいております。 そのため、ベンチャー企業・中小企業をはじめ、大企業内でのプロジェクト等でも多くの実績を生んできました。
 経営ビジョンを作成する手法としても注目を集め、中小企業・ベンチャー企業を中心にコンサルティングサービスを提供しております。

基本編

1.ペルソナマーケティングではないの?
2.他の会社のペルソナ手法との違いは?
3.事例はどんなものがありますか?
4.どうしてビジョン作りに活かせるのですか?
5.どこで学べますか?

利用編

1.おすすめの業種、職種、用途はありますか?
2.大企業での利用は可能ですか?
3.中小企業の経営者ですが、当社でも利用できますか?
4.「全ての住民」を対象とする行政サービスでは利用できますか?
5.講演は可能ですか?
6.ホームページ制作会社ですが、お仕事をお願いすることは可能ですか?
7.ペルソナ手法をチームや会社全体で利用できるようになりますか?

応用編

1.ペルソナ手法はどこでも同じですか?
2.事業提携は可能ですか?
3.共同研究は可能ですか?
4.成功事例の情報提供を受けることは可能ですか?
5.おすすめの本は?

掲載のない質問については、お問い合わせください。

弊社の成功事例が本に掲載されました!
人間中心設計の国内事例(近代科学社)にはペルソナマーケティング・ペルソナ手法の成功事例も掲載

ペルソナマーケティング・ペルソナ手法で売上アップ、利益拡大、経営改革を実現

エクスペリエンスビジョン-ビジョン提案型デザイン手法(丸善出版)にはペルソナマーケティング・ペルソナ手法の成功事例も掲載
お求めはお近くの書店、アマゾンまで。

基本編

1.ペルソナマーケティングとペルソナ手法の違いは?

 ペルソナマーケティングはペルソナ手法をマーケティング用途に用いた方法論となります。
 その基本となるペルソナ手法は、マーケティング手法としても有用で、弊社でも多くの成功事例がございます。 組織活性化やビジョン作りなどにも成功事例も多くあり、アイ・エス・ティでは幅広い用途に適用する為「ペルソナ手法」として提案しております。
 当社からもサービス企画や商品開発、営業戦略作りなど最適な導入方法で提案しております。

2.アイ・エス・ティのペルソナ手法の特徴は?

 アイ・エス・ティのセミナー・コンサルティングで提供するペルソナ手法の特徴は、
 1.短時間でペルソナ作り・シナリオ作りまでを行う
 2.わかりやすく、取り組みやすい
 3.目的に応じて適切な形態で導入する
 などがあります。
 大企業のプロジェクトではスムーズなプロジェクトのキックオフに用いられることが多く、実績と共に好評いただいております。
 中小企業・ベンチャー企業では、成果を速やかに求める経営者・販売責任者などの要望にお応えして、高い評価をいただいております。
 これまでアイ・エス・ティでは多くの実践で成功事例を生んで参りました。 ペルソナマーケティング・ペルソナ作成における効率化と提案力で、多くの企業とプロジェクトを成功に導いて参りました。
 ペルソナ作りだけでは語れない真のペルソナ手法・ペルソナマーケティングの力を引き出すノウハウが当社にはあります。 このノウハウは中小企業だけではなく、大企業や大規模プロジェクトでも用いられ、成功事例として好評いただいています。
 事例に興味をお持ちいただけましたら、お気軽にご連絡下さい。

3.成功事例はどんなものがありますか?

 実際にアイ・エス・ティが行ったテーマとして、組織活性化、営業力強化、商品開発、システム開発、サービス企画、事業継承、工場5S活動、提案型営業、営業マニュアル作成、ペルソナマーケティングによる市場調査、組織営業体制構築、商品のユニバーサルデザイン対応、ホームページ作成(構成案作り)、新入社員研修、中堅社員研修、モラル対策、起業家支援などがあり、いずれも好評いただいております。
 (事例に基づき紹介できるサービスは、解決できる経営課題をご覧ください。)  尚、ホームページに関する事例については、書籍でもご紹介いただいております。

4.どうしてビジョン作りに活かせるのですか?

 ペルソナ手法を活用したビジョン作りは、現状を意識して制限に配慮したビジョン作りではなく、理想像や期待度から作り上げる「そもそもの目標の明確化」に非常に適しています。
 現状からスタートすると「できない」「したくない」という意識が少なからず発生しますので、こういったネガティブな面を取り払うために採用した手法です。
 タイトルに「ビジョン」を冠するビジョン提案型デザイン手法本「エクスペリエンスビジョン」(丸善出版)にアイ・エス・ティの成功事例が掲載されているように、ビジョン作成に適した手法です。

5.どこで学べますか?

 公的機関主催のオープンセミナーを開催しています。 自社開催のセミナーもございます。 セミナー日程については、アイ・エス・ティホームページのトップページでご確認ください。
 出張セミナーとして、講師をお引き受けすることも可能です。 (詳しくは、利用編のQ5をご覧ください)
 なお、セミナーではテーマに最適な事例を弊社の豊富な事例の中から選択し、より実感しやすい素材として提供いたします。 実践に近いセミナーとして好評いただいています。

ページのトップへ戻る

利用編

1.おすすめの業種、職種、用途はありますか?

 あらゆる事例から判断して、様々な用途にご利用いただけると思います。 成果が出やすいと判断するのは、プロジェクトに携わる当事者の方が熱心であることです。 熱意を持った方のプロジェクトであれば、成功につなげる確率が非常に高くなります。
 (詳しくは、解決できる経営課題をご覧ください。)

2.大企業での利用は可能ですか?

 アイ・エス・ティでお引き受けした案件の中に、大企業(社員300名以上)の案件も多数お引き受けしております。 成果につながり、好評いただいておりますので、安心してご利用いただければと思います。
 プロジェクトでのご利用は、キックオフの段階からご相談いただけるとより効果的です。
 (事例から検討できますので、解決できる経営課題をご覧ください。)

(事例紹介)ペルソナ手法によるセキュリティ学習支援ツールの開発支援
 特別行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開する5分でできる情報セキュリティツールの開発にも用いられ、近藤朗博士(日立インターメディックス社)と共にHCII2009等、国際会議等で発表しております。
中小企業のための5分できる情報セキュリティツール
     情報処理推進機構(IPA)が公開する5分でできる情報セキュリティツールより
       [http://www.ipa.go.jp/security/vuln/5mins_point/index.html

3.中小企業の経営者ですが、当社でも利用できますか?

 当社のペルソナ手法は、よりわかりやすく、短期間で成果をイメージできるものとして改良しておりますので、中小企業やベンチャー企業の経営者の方でも効果的にご利用いただけます。 またマーケティングなど専門知識がない方でも使いやすいため、アイ・エス・ティの事例でも中学生から91歳の方まで対応可能です。
 (詳しくは、解決できる経営課題をご覧ください。)

4.「全ての住民」を対象とする行政サービスでは利用できますか?

 組織としては全住民を目指していても、各部局や施策単位は、必ず対象者がはっきりしているはずです。目的をあいまいにせず、明確にすることで改善点がはっきりし、住民満足度が向上した事例がございますので、まずはお問い合わせください。

5.講演依頼は可能ですか?

 日本全国で承ります。 今までの講演実績として、一般企業(ベンチャー企業、中小企業、一部上場企業)、行政機関、商工会議所、財団、工業技術センター、協会、組合、異業種交流会、大学、各種勉強会などございます。
 また受講者も経営者、後継者、経営幹部、管理職、中堅社員、中途採用社員、新入社員、専門職(経理、人事、IT担当者、デザイナー、研究者、技術者、営業担当者など)、公務員などです。
 対象受講者、テーマ、時間、規模(参加者数)、及びご相談者の情報(機関名や連絡先など)をご連絡いただければ、こちらからセミナータイトル・内容を提案いたします。 まずはお気軽にお問い合わせください。

6.ホームページ制作会社ですが、お客様から用件をまとめて構成案を作成するお仕事を依頼することは可能ですか?

 ホームページの構成案について、お客様との調整に難航しているホームページ制作会社様からたくさんのご相談をいただいております。 私共では、クライアント様と直接お会いしてペルソナ手法を活用することでビジョンを明確にし、ホームページ構成案をおつくりしております。 非常にスムーズなホームページ作成が可能になりますので、好評いただいております。

7.ペルソナ手法をチームや会社全体で利用できるようになりますか?

 アイ・エス・ティのペルソナ手法はどなたにでも簡単に、しかも短時間にビジョンを共有できることが特徴ですので、なかなか社内で浸透しない組織での支援事例も多数あります。
 その場合、「ペルソナ手法」ではなく、「顧客視点をうまく活用する方法」として導入いただくことをお勧めします。 アイ・エス・ティでは、依頼者本人はペルソナ手法を理解しているが、社内で成果に結び付かないというご相談にも数多く対応しました。 チームメンバーの方にペルソナ手法の専門知識がなくても、簡単に短時間で成果をイメージできます。 ペルソナ手法に苦手意識がある方がメンバーでも上手に活用していただけるようになります。
 成果や目標をお伝えいただければ、そのグループやチームでの最適なペルソナ手法導入方法をご提供いたします。

ページのトップへ戻る

応用編

1.ペルソナ手法はどこでも同じですか?

 基本は同じです。 しかし、アイ・エス・ティのペルソナ手法はより使いやすく、わかりやすく、短時間で成果がイメージできるように改良を加えております。 これからも現場の声を活かしながら、よりよいものを心がけたいと思いますので、これからも改良はされていくと思います。
 (内容については、学会などで発表を行いますので、ご期待下さい。)

2.事業提携は可能ですか?

 御社のお客様に対して、ペルソナ手法でできる部分だけを提供する事業提携は可能です。 当社の事業方針と共鳴できる団体の方であることを条件といたします。
 案件としては、セミナーの共同企画、案件の共有、作業分担、共通ブランドの立つ上げなどの実績があります。 ご連絡いただきましたら、ご希望に応じて提携させていただきます。
 まずはアイ・エス・ティまでお問い合わせください。

3.共同研究は可能ですか?

 アイ・エス・ティは、大学、研究機関、企業とこれまでも多くの共同研究を行っており、成果を上げて参りました。 共同研究については、内容、当社への事業効果などを配慮して、お応えいたします。

(事例紹介)法人営業や法人向けサービス企画に使えるBtoBペルソナ
 相関関係ペルソナを用いて、BtoCからBtoB(toC)への利用範囲を広げたペルソナ手法が好評です。 BtoBペルソナ手法は、法人向け商品やサービス開発等、グループ向け商品などの開発にも使われてきました。
 BtoBペルソナ手法については、吉井誠(株式会社アイ・エス・ティ)、山崎和彦氏(千葉工業大学教授、元日本IBM技術理事)、柳田宏治氏(倉敷芸術科学大学准教授、元サンヨー電機)と共同発表いたしました。 法人向けサービスを提供する企業からも好評です。
マーケティング手法としても使える相関ペルソナを用いたBtoBペルソナ手法 山崎和彦(千葉工大)、柳田宏治(倉敷芸科大)、吉井誠(アイ・エス・ティ)

4.成功事例の情報提供を受けることは可能ですか?

 可能です。 個別に対応いたしますが、利用目的などに応じて調整する場合がございます。
 また、アイ・エス・ティの成功事例は全てお客様の承諾をいただいた上で対応いたしますので、手数料等をいただく場合がございます。

5.おすすめの本は?

 私共の事例も掲載されているビジョン提案型デザイン手法本「エクスペリエンスビジョン」(丸善出版)をお勧めします。

ページのトップへ戻る